2006年06月25日

ALOUETTE

雲雀ヶ岡にあるLife deco/ALOUETTE
週末は遅くまであいていて
夜に耽ることができる。

美しいディティールを保ちながら
装飾を排した空間に
ECMのピアノが流れている。
ケーキは特別。

KICX2671x.JPG
KICX2667xx.JPG

Et par le pouvoir d'un mot
Je recommence ma vie
Je suis né pour te connaître
Pour te nommer

Liberté.
-Paul Eluard

in Poésies et vérités 1942

::
ただひとつの言葉の力で
ぼくはもう一度人生を始める
ぼくは生まれた
君を知るために
君の名を呼ぶために

自由(リベルテ)よ!

KICX2677a.JPG
KICX2663xxxx.JPG
KICX2675bb.JPG

ポール・エリュアール(1895-1952)は
A.ブルトン、L.アラゴンと並ぶシュルレアリスムの中心的詩人で
第二次世界大戦中はレジスタンス運動(ナチへの地下抵抗運動)に加わった。

「Liberté」はドイツ占領下の1942年に発表。
時代により、いくつか訳があるが
安藤元雄他編「フランス名詩選」岩波文庫(1998年)で読むことができる。

エリュアールをめぐってはガラ・リーナ夫人を
サルバドール・ダリに奪われるというエピソードや、
ピカソとの交友 が深かったことで知られる。

この長い詩は
二番目の妻ヌーシュに捧げた愛の歌であったといわれるが
私たちが呼ぶ「君」
私たちが名づける「君」とは
全人類的な自由のことだ。

KICX2664xxx.JPG
KICX2678xxx.JPG
KICX2666xxx.JPG

ハンス・ベルメール、マルセル・デュシャン、マン・レイ、マックス・エルンスト
ブルトン、アラゴン、エリュアール、ダリ、アポリネール、プレヴェール...
私たちは親しみを込めて彼らの名を呼ぶだろう。
シュルレアリスムは現代芸術にとって最も重要な思潮のひとつ。
そこから生み出されたコラージュ、フロッタージュ、デカルコマニィ
グラッタージュなど多くの技法そして思想は
「現在」に引き継がれ「未来」に影響を与え続ける。
写真下はブルトンーエリュアールによる「シュルレアリスム簡約辞典」(現代思潮社,1971)。

KICX2703a.JPG
dictionnaire abrégé du surréalisme


Life deco/ALOUETTE


"Alouette"とはヒバリの意。
八事、シェコーベのちかく。
雲雀ヶ岡交差点。
平日は11:00−19:00(火曜日休み)
金・土は11:00−24:00


(kanata)

posted by {otocafe} at 01:32| Comment(5) | { café } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サロン・ド・テ、という響きが似合う場所ですよね。
ケーキも相当な美しさみたいだし
オープン当初から行こうとしているのだけど
ちょっと行きづらい雲雀ヶ岡。遠い...

週末は夜遅くまでやってるのね。
良いことを聞きました☆
Posted by yae at 2006年07月04日 00:51
ええ、夜散歩していて
仄かに明るくって
あれ?あいてるの?
とおもって
おいしい珈琲をいただいたときの幸せ。

エスプレッソ、とても美味しかった。
本棚には成程、と思わせる本や画集が並んでいて。

穏やかな時を過ごせる場所です。
あ、地名、雲雀ヶ岡と書くんですね。
こちらのほうが素敵ですね。

Posted by kanata at 2006年07月06日 23:05
私、最近よく行きます☆

お気に入りです☆

ほんとにケーキもキッシュもおいしです☆

とても空気のよいとこです☆
Posted by かーたん at 2006年07月28日 00:59
はろーかーたん。

かーたん近くでしたね。
お店の前の木が素敵です。

アンティークショップのほうも素敵ですね。

お店の方はとてもやさしいので話してみてください。
硝子や鉄、木の作家さんのことを教えてくれます。

2006年7月29日から8月13日まで
家具作家の井藤昌志さんの個展
「祈りと対話」があります。

お店のカウンターにおいてあった
優しい木の器がそうです。

またね、かーたん。
Posted by kanata at 2006年08月01日 22:10
家から近いところにあるので、偶に行きます。
本当に良い雰囲気のお店で、ケーキも美味しいところだと思います。置いてある本にとても興味があります。英語とか、白い感じが似合う感じがします。
隣の「Life deco」のことをサイトで知って、面白いと思いました。上の「feel art zero」も見に行ったんですが、大規模じゃないところが良かったです。独特のものばかりで、凄い人がいるんだと感動しました。
六月頭から休業と聞いて残念ですが、また行きたいです。ずっと続いていて欲しいです。
Posted by 由 at 2007年04月12日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。