2006年08月12日

神戸ところどころ T

海岸通の一角にあるhaus&haus diningroom
ドイツ語で「家」という言葉の通り、居心地よい空間。

0haus.JPG

木造りの階段をのぼると そこはダイニングルーム。
窓から入る光が空間を包んでいます。

0haus1.JPG

本棚には絵本や生活雑誌
カウンターには器や「かまわぬ」の手拭い
Aprés-midiがのんびりと流れています。

0haus2.JPG0haus5.JPG
0haus1.JPG0haus6.JPG

1階には肌触りのよい服や生活雑貨
ワークウエアやrepettoなど 
フランスを中心にしたセレクトのようです。

ここのお昼膳のまぜごはんはとてもおいしい。
寛ぎのひとときです。

kamawanu.jpg
  夏の間 かまわぬ展をされているそうです。
  「日本てぬぐいと共に暮らす
  2006年7月14日(金)〜8月31日(木)


0dantan.JPG  お店の近くにはちいさなd'antanがあって 
  OLDMAN'S TAILORや
  丁寧な革仕事の靴 
  小物入れなど愛着のわくものばかり。
  d'antan=往年という言葉が相応しいセレクト。 

  西に少し歩いたところにflügelがあって
  マルシェカゴが目印。
  ランチのパン、アイスオレがとても美味しいと評判。
  通りを眺める席と大きなテーブル。
  ここらへんのお店を行き来すると おだやかになります。




haus&haus dining room
神戸市中央区海岸通1-2-15
haus 078-327-0581 / 11:00〜20:00
haus dining room 078-327-4581 / 11:00〜21:00

d'antan
神戸市中央区栄町通2-1-13
078-392-0481
12:00〜20:00

flügel
神戸市中央区海岸通2-4-7
078-392-6781
10:00〜19:00


(kanata)
ラベル:神戸 栄町 暮らし
posted by {otocafe} at 12:15| Comment(0) | { maison } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。