2006年09月20日

京都ユラリフラリ - efish

賑わしい街をはずれ
五条大橋のたもとにポツン
鴨川と高瀬川に挟まれた
五條楽園と呼ばれる花街。
この界隈では店先の金魚鉢が看板代わり。

efish

そこで"fish"をモチーフに
5を表すアルファベットの"e"をつけて
"efish"となったワケです。

1KICX4105s.JPG

いまはappleにつとめる西堀晋が
電気屋の寮だったビルに手を入れて
住居にしたのがはじまりで
ギャラリー、カフェへと自然に進化を遂げたようです。

1KICX4021.JPG
1KICX4045.JPG

鴨川を望む全面窓は
天気のいい日には開け放たれて
風の通り道になります。

1KICX4049b.JPG1KICX4036.JPG

向こう岸から眺めると
刳り抜かれた窓がちょうど水槽のように見え
赤やオレンジのスポンジ椅子を
ゆらゆらと泳ぐ金魚に見立てたそうです。
いまはソファになって
寛ぎのひとときを過ごせます。



1KICX4054s.JPG

カウンターの下では
おサカナもぼーとしています。

1KICX4040.JPG

おひるごはんに
ツナとカッテージチーズとアボカドのサンドイッチ。
ほろりほろり、ほのかに酸味のあるチーズと
とろりとしたアボガドにツナの風味が良くあいます。
ベーコンとポテトのホットサンドもファンが多い。

おすすめは、オクラと豆のカレーライス。
キャラメルティ、季節毎のフレッシュジュース。
それから、アイスクリームがのった黒砂糖とくるみのケーキ。
甘みと苦み、つめたさとあったかさの口内加減が絶妙。

DANGAN_100.jpg  いっとき男前豆腐店とのコラボで
  「シンヤ」「リキヤ」というメニューがありましたね。
   復活を望みます。


1KICX4100m.JPG

階段裏の黒板に描かれた愉快なレシピ。

1KICX4099m.JPG

二階はバー&ラウンジスタイルの穏やかな空間。
やわらかな光と落ち着いた色あいの場所に
shin productsのファニチュアやアンティークが置かれ
ギャラリーとしても機能しています。

1KICX4067M.JPG

デザイングッズやてぬぐい、カフェの本
オリジナルブレンドの珈琲豆や茶葉もあります。

1KICX4092m.JPG
1KICX4087m.JPG

音楽と 風景の音が 仄かにきこえます。

1KICX4060m.JPG

西堀晋のデザインは
愛らしくシャープ。
モダンでいて人間味があります。

1KICX4060m.JPG

それはefishの空気にもよく表れていて
一見、無機質な素材や空間を使いながら
気張らず愉快に
自然を愛したり
人間味を感じさせてくれるのです。
efishは そんなホスピタリティをもった場所です。

1KICX4069m.JPG

春は桜、秋は月浴み。
もうすぐ、みやこどりが帰ってきます。

1KICX4084s.JPG
1KICX4083s.JPG

不定期にliveも。
高鈴(コウリン)や高橋ピエールさん。
夏はMETROのパーティSecond Royalの2ndroomにもなります。

efish1s.bmp

  efish
  下京区木屋町通り五条下ル
  西橋詰町798-1
  075-361-3069
  無休
  11:00-23:00

(kanata)
posted by {otocafe} at 22:06| Comment(3) | { café } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都はいいね! この季節は ”紫葉漬け” ですね、
本物の ”紫葉漬け” お漬物屋さんのものではありませんよ. 北山でつくったもの. これからは、”上賀茂ーすぐき””三条の烏丸ー千枚ずけ” 冬の京都はなんといっても、 ”嵯峨野ー湯豆腐”
今思い出した、京都御苑ではそろそろ ”椎の実” が落ち始める.
Posted by Srayukko at 2006年09月26日 12:17
yukkoさん こんにちは。

鴨川にみやこどり(ユリカモメのこと)が戻ってきて
北山がしぐれ、南座に顔見世のまねきが上がると京都は
本格的な冬で、そんな時季が漬物の旬なんですね。

柴漬は「むさきはづけ」と呼んで建礼門院に縁があるんですね。
千枚漬は、御所で料理方をつとめていた大藤藤三郎が最初につくったとか。
おおきな鉋のようなもので、あのうすい、はんなりとしたものをつくるのですね。

御所は樫や椚、楢があって秋はドングリだらけですね。
予約すれば入れる場所もあるとききます。

ちょっと興味がでてきました。
ありがとうござます。
Posted by kanata at 2006年10月02日 18:13
京都のお漬物
No1 「すぐき」 旬は12月、1月、2月
ここ20年は12月に進物として出回る 「朝漬けのすぐき」
が主流になりましたが、私は5月 上賀茂神社の 「葵まつり」 の頃の 「時候漬けすぐき」 が大好きです.
これが本物の「すぐき」なのですが、近年はその姿は見られません.
因みに、「しば漬け」 の旬は 8月です. 最近はポピュラーになりすぎて、本物の 「しば漬け」 を知る人は無くなってしまいました. 「大原の里」の農家では今でもこの
「しば漬け」 を漬けているようです.

お漬物に旬が無くなったら、お漬物ではない.

そうそう、「柚子大根」 も旬のお漬物ですね.
Posted by srayukko at 2006年12月24日 03:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。