2006年09月11日

安藤明子-街のリズム

八事 雲雀ヶ丘にあるギャラリーfeel art zeroで
安藤明子さんの衣展-街のリズム-がはじまりました。

akiko01.JPG

「視覚の中の聴覚。街はリズムであふれている。」

白の空間は 衣のリズムを際だたせ
動きのあるハンギングによって
街の空気を表現しています。

akiko03.JPG

衣の美しさは
動きの中から生まれるもの。

一枚の布は
身に纏うことで生来のフォルムとなる。
その旋律を導くのが
安藤明子さんのクリエイションだと感じました。

akiko08m.JPG

真木千秋、そして新井淳一のテキスタイルから
美しいフォルムをひきだしています。

「心に思うことなくして、得るものなし。」

どんなに優れた道具も
使い手の思慮があってはじめて生きるもの。
新井淳一の言葉です。

akiko02.JPG

"La Beaute Est Dans La Rue!" 美は路上にあり。

akiko07m.JPG

パオを模したスペース。
バッグは陶土を絞るのに使う袋を加工したもの。

akiko14.JPG
akiko15.JPG

安藤明子さん。
澄んだ眼差しが印象に残りました。

20060909と記されたタグが赤糸で留められていました。

akiko10s.JPGakiko04ssm.JPG
akiko06sm.JPGakiko09s.JPG

akiko11.JPG  安藤明子・衣展
  -街のリズム-

  produce
  イワタトシ子/正木ナオ

  2006年9月9日(土)〜24日(日)
  〔12・19・20日は休廊日〕
  13:00-20:00


 gallery feel art zero
 名古屋市瑞穂区弥富町紅葉園2
 ナカノ八事ビル2F




Lire la suite;Life Decoへ
タグ:服飾
posted by {otocafe} at 08:47| Comment(3) | { journal } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

秋のNIRO会

みんなのだいすきなNIRO CAFEで秋のニロ会を開きます。
ニロサンズのケーキ、とてもおいしいから楽しみです。

niro1.jpg

ところが、CDを立方体で買ういたつさんの連絡がまだありません。
どなたか、知りませんか?
白いバスでアーチレコードに行く人です。
いたつさん、ここをみていたら{オトカフェ}の方に連絡をください。
みんな、待っています。

niro6.JPG

♪を聴いてしばしお待ちください...。


niro2.jpg
  NIRO CAFE(ニロ カフェ)
  中区千代田3-20-10
  052-331-9813 
  11:00-23:00 (LO10:30)
  水やすみ

posted by {otocafe} at 20:53| Comment(7) | { journal } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

YEBISU ART LABO FG/FB

名古屋・長者町のえびすビルの一角にある
「えびすアートラボ」が
「YEBISU ART LABO For Gallery/For Books 」として
2006年9月2日にリ・オープンします。

YEBISU.jpg


スペースを手がけたのはK*BOOKS
店舗を持たない無形態本屋さんとしてWEB BOOK SITEとともに
岐阜のOPUSMONDO funiture、覚王山のcestaなど
向いている方向は違えど
同じ空気を持っているお店の一角に「本棚」を開いています。

opuskk.JPG
K*BOOKS/OPUS

丸の内のグッドスペースSEESAWで行われていた"Waihaa!"で
cestaやbica booksとジョイントしたり
春日井のCAWAや犬山のcarre のブックイベントも手がけたり。
JB'sでのクラブイベント
SHADY'S PARADEに出張本屋として参加したり。

shady_sparade1.JPG
K*BOOKS/SHADY's PARADE@JB's

K*BOOKSのマインドは「ユーモア」と「アオハル」。
本棚を覗いてみると

植草甚一 、伊丹十三、開高健、赤瀬川源平
宇野千代 、池波正太郎、沢村貞子、丸谷才一...

成程、時代の青春と人情の機微を描く人々。
傍らにはいつも写真や映画、文学と珈琲があって
読む者を「旅」へ誘う本たち。

そんな本への想いがエッセンスになって
アートと音、そして人をクロスオーバーする空間。

YEBISU ART LABO For Gallery/For Booksは
国内外の写真集、画集、古本、リトルプレスなど
直に触れて体感する本を共有できる場になりそうです。


books bring wonderful...
::
YEBISU ART LABO For Gallery/For Books
2006 09/02(sat) 12:00- Re-Open

happa.jpg
 ::1st Exhibition

 葉っぱの坑夫展
 2006 9/2-9/12

 web press


::Opening Party 17:30-
 本はもちろん、刺激的な音楽と、opusさんのケータリングによる
 美味しいフード&ドリンクがたのしめます。おみつもくるかも。

DJs:
 DISCOKILLER (SHADY / VACANCE / POWERPUFF GUYS)
 MUKAI (SHADY / VACANCE / POWERPUFF GUYS)
 TAQESI (REASON)
 96 (K*BOOKS / YEBISU ART LABO)
 KANOU(foda / play on)
 and more...


YEBISU ART LABO
For Gallery/For Books

名古屋市中区錦2-5-29
長者町えびすビルPART1 4F
12:00-20:00(Books)
12:00-19:00(Gallery)
水休

kbooks.jpg

(kanata)
posted by {otocafe} at 19:12| Comment(4) | { journal } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

テクル

8月1日。
あったかくて、
カワイイ websiteがOPENしました。

tekuru.bmp

優しい気持ちになれる特集に加え、
豪華なライターさんによる連載も見逃せません。

著書「ていねいな暮らし」「リトルプレスの楽しみ」等や、
各種雑誌でお馴染み、
エッセイスト柳沢小実さんによる暮らしに関するエッセイ。

雑誌「なごやに暮らす」発行人としても有名な、
イラストレーター松尾ミユキさんと
雑貨店 le petit marché 店主 滝村美保子さんによる
ユニットエッセイスト les deux による 旅のエッセイ。

USEN for cafe après-midi の木曜夜を担当している
たかはしこうじさんによる ディスクレビュー。

某映画館にておつとめ中、
とうまたかこさんによる ムービーレビュー。

そうそう、フライヤーも作成されたようなので、
どこかのお店で見つけたら、
手に取ってあげてくださいませ。

『テクル』 
暮らしの"ひとてま"おすそわけ。
www.tekuru.jp

(yae)
posted by {otocafe} at 00:35| Comment(0) | { journal } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

Fly Guy

flyguy

So...Nice little adventure where you are a guy
who actually flies around the odd world.
a game that is not really a game...
This one is just amazing, please at least give it a try!
Move the guy with arrow keys. ↑←↓→

click here to play

*ほどよくフィーバーして楽園へ。

(anonymous)
タグ: 空想 anonymous
posted by {otocafe} at 00:59| Comment(0) | { journal } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

Niki de Saint Phalle

1niki1.jpg

「私はテロリストになる代わりにアーティストになった」

ニキ・ド・サンファル(1930-2002)は
パリに生まれ、大恐慌の煽りでアメリカへ移住
vogueなどのモデルとして10代を過ごし
20代で神経衰弱に陥り、その克服のために絵を描き始めたという。

1anik.jpg1111tir-03.jpg
UNTITLED 1964,Niki schießt plaster, paint, plastic, wood

初期のコラージュ作品や
「シューティング・ペインティング(射撃絵画)」に見られる
支配や欺瞞を標的にした破壊的な表現
圧倒的な怒りの時代を経て、ニキの魂は解き放たれる。

1aFemmeR.jpg
Upside-down Nana 1967

「ナナたちはとても陽気だった。 
全く苦痛を伴わない。
彼女たちは踊っていた。 
世界中の音楽や音色と踊っていた。
歓喜と踊っていた。」

鮮やかな色彩と大胆なフォルムをもつ「ナナ」。
仏語のスラングで「オンナ」を意味する
陽気で、奔放で、美しく、大きな女性像。
ナナは、いつも宙に浮かんでいる。
解放され、生命の喜びに満ちあふれ
存在に対する強い意志を感じる。


ニキ・ド・サンファル展:名古屋市美術館

lire la suite;nikiが教えてくれるもの
posted by {otocafe} at 19:30| Comment(1) | { journal } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

恵文社生活館

070203.JPG

京都の恵文社一乗寺店に
衣食住の書籍や生活雑貨を扱う
「生活館」ができたそうです。

期間限定のブログもできていてたのしい記事。
みつばちトートが恵文社オリジナルを作るそうです。

生活館期間限定ブログ

Lire la suite;京都のパン屋さん
posted by {otocafe} at 13:52| Comment(0) | { journal } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

Candle Night

Candlelight makes people's features look softer.
It's all over the world.

133305520_08857cdd80.jpg

lire la suite;でんきを消して、スローな夜を
posted by {otocafe} at 23:53| Comment(0) | { journal } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

Salue?

aorororo.jpg
ororaoEjpg.jpg
oro01qEjpg.jpg

{オトカフェ}は2006年の1月10日に生まれました。
SNSでなんとなーくおもっていることを実行してみたら
あれよあれよと素敵なことがおこりだしました。

{オトカフェ}な人々は不思議と共感できることが多いです。
それはきっと「ほっとする」ことが似通ってるのでしょうね。
何か決め事があるわけでもなく
思い思いに集まって
いろいろな出会いがあり、さまざまな出来事があって
日々の暮らしがたのしくなるといいですね。

おんなじ時代に生まれて
おんなじ場所で寛いでいる人々
心地よい時間を分けあって
未知への旅をご一緒しましょう。

では...

(kanata)
posted by {otocafe} at 19:01| Comment(3) | { journal } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

Bonjour!

画像.jpg

こんにちは
お元気ですか?
のんびり、のんびり、つくって
すこしづつかたちにしました。
これから{オトカフェ}なことを
ちょこちょことつづっていけたら
とおもいます。

では...
(kanata)
posted by {otocafe} at 00:01| Comment(0) | { journal } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。