2006年08月31日

百草

陶の町 土岐・多治見には
由緒ある窯元や窯跡があって
荒川豊蔵によって世に知られる
志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒など
美濃桃山陶の歴史に触れることができます。

momo02.JPGmomo05.JPG

多治見から虎渓山に向かって
土岐川を渡り 山あいの集落を抜けたところに
ひっそりと佇む家が百草です。

momo40.JPG

築百年を数える寄せ棟の家は
絞り染めで知られる鳴海の庄屋兼医者の家を移築した
趣ある直屋(すぐや)。

momo.JPG

「ももぐさ」の名は
松の異称とのこと

薬草である伊吹百草や
志野陶に使われる「もぐさ土」も連想させます。

momo29.JPG

四季を慈しみ
風と光が戯れる場所です。


Lire la suite;ももぐさの暮らし
ラベル:岐阜 暮らし
posted by {otocafe} at 22:23| Comment(1) | { maison } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

東京ユルイ場所。

二子玉川。
チョット向こうには自由ヶ丘や渋谷。
だから、この辺りを歩いている人はこの近辺に住んでいる人。
緑が多くて。
多摩川が流れてて。
東京なんだけど、少しノンビリした街。
空がちゃんと見える街。
二子玉川の高島屋の少し奥に。
リネンの生地を扱うお店があります。

sati1.jpg

the linen bird。

店の入口ではアンティークのミシンがお出迎え。
コレだけで世のオトメ達はため息をもらしそうです(笑)
リネンの生地の他にも小物はたくさん並んでいて。
糸切バサミのカワイさには、もうコトバが出ませんよ。

sati3.jpg

sati14.jpg


キッチンクロスやテーブルランナー。
ベッドリネンもステキにディスプレイ。
あぁ、こんなお家に住みたい!!

sati18.jpg

道を挟んだ向側には。
このlinen birdの生地を使って作った
お洋服のお店とカフェがありました。

risette1.jpg

Lisette。

そう。
ここのお店のスタッフの皆さんは
自分達でお洋服を作ったりしているそうで。
リネンの手作りのお洋服でオシャレしている皆さんは
とっても優しい印象なのです。

sati4.jpg

カフェでは。
小さいながらも全て手作り。
モチロン、テーブルナフキンもリネン。
しかも、こんなにカワイイチェック柄。

sati6.jpg
resette2.jpgsati7.jpg

このお店ご自慢のワッフルは
サックサクしていて、
塩キャラメルのソースが甘しょっぱくて、
何枚でも食べれそうな気がします。

sati8.jpg

アンティークのテーブルや椅子。
アンティークの食器。
リネンのクロス。
全てが優しく、温かく感じる。
そこにはきっと。
たくさんの人の手と温もりを通ってきて。
それを新しく活き帰す人達のセンスと『好き』という気持ちが溢れていました。

sati9.jpg

長い時間をかけて人が愛し慈しんできたもの
ずっと昔から好きなもの、それはこれからも好きなもの

sati10.jpg


linenbird
世田谷区玉川3-12-11
03-5797-5517
10:30-19:30

lisette
世田谷区玉川3-9-7
03-3707-9130
10:30-19:00
水やすみ

(サチパン。)
posted by {otocafe} at 21:51| Comment(2) | { maison } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

神戸ところどころ W

栄町を散策すると
雑居ビルのすき間やウインドウ越しに
さまざまな表情を見つけることができます。
看板や店構えに惹かれて入ってしまうこともしばしば。

0plage1.JPG

この界隈では老舗のplage(写真下)
飾り立てないディスプレイが落ちつきます。
ワックスペーパー(ロウ引きの紙)やマルシェバッグなど
紙物を中心に面白いステーショナリがあります。

plage
神戸市中央区栄町通2-2-10
078-391-2668

0plage3.JPG0plage2.JPG

それからCEDOK。
plageから1ブロック旧居留地側、d'antanの近くです。
チェコの絵本や東欧の文房具がそろう店。
Peu de Marcheなど名古屋のショップとも縁があります。
近くにはキャスキッドストンで有名なEIN SHOP KOBE

CEDOK
神戸市中央区栄町通1-1-11 2F
078-393-3822

0De la Nature2.JPG0De la Nature.JPG

乙仲通には新しいお店も。
フランスのメトロ物や生活雑貨を扱うDe la Nature(写真上)

0salvador.JPG

 salvadorは一階がブーランジェリー
 二階がカフェ&レストラン。
 吹き抜けになった階段が印象的。
 どうやら以前は
 お花屋さんがあった場所のようです。

お店の向かいには昭和ビル。
ちょっといくとMon Magasin
西へ歩いて榮町ビルヂング。
GRAIN D'AILE、Paramount on Parade
二階にraï cafe exotique、三階にhugがあったと思います。
特にraï cafeのカレーランチは評判。

0sakaemashi.JPG0sakaemachi.JPG

海岸ビルへ寄り道すればキーホルダーのmauriceや3et demi(キャズエドゥミ)
栄町の草分けカフェALLIANCE GRAPHIQUEも!

0kohuku-seiwa.JPG0kohuku.JPG

そしてリトルショップがあつまる清和ビルのコフクカフェ
レトロなビルの階段をのぼっていくと、ほんわりした時間が流れています。

co-fuque cafe
神戸市中央区海岸通4-3-17
清和ビル2F
078-351-5033

(kanata)
ラベル:神戸 栄町 雑貨
posted by {otocafe} at 01:50| Comment(0) | { maison } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

神戸ところどころ V

栄町界隈というときには
たいてい乙仲(おつなか)通のことだと思います。
その一本北の通りにある細長い看板を目印に
ビルの階段をあがっていくとvivo.vaがあります。

vovova.JPG

デンマーク、フィンランドなど北欧を中心とした
オールド家具や雑貨、食器などを扱っています。
ひとくちにオールドといってもその幅は広いのですが
ここにはデザイン性の高いもの
シンプルでありながら存在感のあるもの
異なるテイストの空間にコーディネートして
生きてくるものがあります。

0vivova1.JPG

マーガレット・ハウエルがとりあげたことでも有名なERCOLの椅子
食器や生活雑貨はArabia 、Dansk、Rörstrand
スティグ・リンドベリ、リサ・ラーソンなど。
先に紹介したdisques dessineeのCDもありました。

0vivova5.JPG

案内にしたがって階段をさらに上ると
四階にvivo.va bookstoreがあります。

0vivova2.JPG

もともとはショップの倉庫として使っていたスペースを本屋さんにしたもの。
家具やインテリアを考えるときに参考になる本やグラフィック誌
絵本やリトルプレスなど 
良質な本のセレクトはインテリアと共通です。

なごやに暮らす」や「なごやのパン屋さん」、
北野triton cafeの「billet」や
北堀江チャルカの東欧買いつけ旅日記も。

本袋は 切り取るとブックカバーになります。

ViVO,VA&vivo.va bookstore
神戸市中央区栄町通3-1-17 
ESG BLD 3・4F
078-334-7225
11:30-20:00


ラベル:神戸 家具 栄町
posted by {otocafe} at 05:21| Comment(1) | { maison } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

神戸ところどころ T

海岸通の一角にあるhaus&haus diningroom
ドイツ語で「家」という言葉の通り、居心地よい空間。

0haus.JPG

木造りの階段をのぼると そこはダイニングルーム。
窓から入る光が空間を包んでいます。

0haus1.JPG

本棚には絵本や生活雑誌
カウンターには器や「かまわぬ」の手拭い
Aprés-midiがのんびりと流れています。

0haus2.JPG0haus5.JPG
0haus1.JPG0haus6.JPG

1階には肌触りのよい服や生活雑貨
ワークウエアやrepettoなど 
フランスを中心にしたセレクトのようです。

ここのお昼膳のまぜごはんはとてもおいしい。
寛ぎのひとときです。

kamawanu.jpg
  夏の間 かまわぬ展をされているそうです。
  「日本てぬぐいと共に暮らす
  2006年7月14日(金)〜8月31日(木)


0dantan.JPG  お店の近くにはちいさなd'antanがあって 
  OLDMAN'S TAILORや
  丁寧な革仕事の靴 
  小物入れなど愛着のわくものばかり。
  d'antan=往年という言葉が相応しいセレクト。 

  西に少し歩いたところにflügelがあって
  マルシェカゴが目印。
  ランチのパン、アイスオレがとても美味しいと評判。
  通りを眺める席と大きなテーブル。
  ここらへんのお店を行き来すると おだやかになります。




haus&haus dining room
神戸市中央区海岸通1-2-15
haus 078-327-0581 / 11:00〜20:00
haus dining room 078-327-4581 / 11:00〜21:00

d'antan
神戸市中央区栄町通2-1-13
078-392-0481
12:00〜20:00

flügel
神戸市中央区海岸通2-4-7
078-392-6781
10:00〜19:00


(kanata)
ラベル:神戸 栄町 暮らし
posted by {otocafe} at 12:15| Comment(0) | { maison } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

Life Deco/Feel art Zero

雲雀ヶ岡のLife Deco
「生活装飾」を提案するスタイルショップ。



鉄楽の作家 松岡信夫の有機的な鉄の造形
郡上の家具作家 井藤昌志
ガラス作家 長野史子 など 
あたたかなクリエーションを手にとって実感することができます。



竹細工鳥籠 1930年代 北京



お隣にはAlouette Salon de Thé アルエットゥ サロン・ド・テ
階段をあがると Feel art Zeroがあります。
ギャラリーの門扉は松岡氏によるもの
作家の世界観を伝える無垢の空間。



  7月29日から8月13日まで
  
  井藤昌志氏による個展
  「祈りと対話」が開かれています。




   ―それはまるで祈りのよう
   朽ちた美しい板キレとの出会いから生まれるオマージュ
   それぞれの役目を終えて次のカタチへと蘇る―     


00KICX3139.JPG00KICX3128.JPG

Alouetteの美しいテーブルも井藤氏によるもの。
life decoでは、shakerのoval boxやウッドプレートを扱っています。
このプレートは月日荘にも置いてあったと思います。
また井藤さんのページにあるカッティングボードはとても素敵です。

00KICX3142.JPG

Life Deco/ALOUETTE
名古屋市瑞穂区弥富町紅葉園2
ナカノ八事ビル(雲雀ヶ岡交差点)
Life Deco 11-19
ALOUETTE 11-19 (金土のみ-24)
Feel art Zero 13-20
休廊日8/1、8
井藤氏在廊日 7/29、30、8/6、13

つながり:ALOUETTE,Jazz茶房 青猫,ギャルリももぐさ

(kanata)

posted by {otocafe} at 01:59| Comment(4) | { maison } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

karakaran*

このあいだの花火の日
karakaran*さんに{オトカフェ}のみんなでいってきました。
karan01.JPG
R&D.M.Co-/Oldman's Taylor

3月のはじめにおみつが石けんを買ったお店です。
白い壁に蔦が絡んで 夏は青々としています。

hitsuji1.JPG{ph:hitsuji}

岐阜駅からは金神社(こがね)方面へ トコトコ歩いていくとあります。
歩くと楽しい玉宮町通りを抜けていきます。
途中にスピッツというお店と
かき氷の名店 「赤鰐」の行列が

hitsuji2.JPG{ph:hitsuji}

市民文化センターを通りすぎて、徹明通に向かうとあります。
赤いポストが目印です。

karan12.JPGkaran13.JPG
karan14.JPGkaran16.JPG

karakaran*さんの扉がすきです。
このあいだいったとき
葉っぱがドアの隙間から店のなかに向かって生えていて
どうしたものかと思いました。

昔の校舎にあったような 白い鉄枠の窓からみえる棚や古い梯子
店先にあるホーロー引きの洗面器をみていると
それだけで 心が満たされます。

karan04.JPG

karakaran*には みずみずしい葉っぱや 淡いトーンのお花が
ところどころに ブリキやガラスの器と一緒に並んでいます。

さりげなく 足元にも 瓶とお花が飾られていたり。

karan02.JPG

Sommarminnen, スウェーデンの言葉で「夏の思ひ出」

karan06.JPG
karan03.JPG

生活のリズムで おだやかにディスプレイされて
アンティークやリネンが
かわいらしいお花にアクセントをそえています。

karan10.JPGkaran11.JPG

お店は2階建てになっていて
階段をのぼっていくと
小さなお部屋のような空間があります。

hitsuji3.JPGkaran24.JPG
karan22.JPGkaran21.JPG

書き物をする机やダイニングテーブル
吊り下げ式のランプ
読みかけの本
抽斗のなかのポストカード

yae7.jpgyae8.jpg{ph:yae}

暮らしのひとコマ ひとコマに
花があることの喜びを感じます。

Lire la suite:karakaran*
posted by {otocafe} at 00:57| Comment(1) | { maison } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

mokodi

坂道の商店街
西山本通。
喫茶店、電気屋、理髪店。
歩きたくなる町並に
いつのまにか
素敵なお店ができていました。

aaaKICX2684A.JPG

箒職人の棕櫚ホウキ
木地師がつくる茶筒
氷の音が切ない江戸切り子のコップ
風鈴
ジョウロ
因州便箋
ツバメノート


アナログレコードの音。

1aKICX2683.JPG
11KICX2679A.JPG

日々を愛すること。
道具を愛すること。
手仕事を愛すること。
光や風を愛しむもの。

aKICX2688.JPG

モコディ
西山本通の三角のところ。
052-782-2886
木曜日休み。
11:00-19:30
www.mokodi.com

(kanata)
posted by {otocafe} at 01:38| Comment(0) | { maison } | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。